日本100名城まとめ 中国・四国地方編

中国地方5県(岡山・広島・山口・島根・鳥取)四国地方4県(香川・徳島・高知・愛媛)。
合計9県で日本100名城に選出されているお城は全部で22城にも上ります。
そのうち貴重な現存天守を持つお城が6城。全国で12しかないので丁度半分が中国四国地方にあるということになります。


中国・四国地方の全域にあるのが地図を見るとよくわかりますね。
訪問しやすい都市の中心部にあるものから、レンタカーの機動性が生きる山間部まで様々です。
お城目的ではない場合でも、近くにある場合が殆どだと思いますので、ちょっと寄ってみたりするのもいいのではないでしょうか。

以下、各県ごとのまとめ記事になります。

中国地方

四国地方

中国地方が、岡山県(4城)広島県(3城)山口県(2城)島根県(3城)鳥取県(1城)の合計13城。日本100名城の63番から75番まで。
四国地方が日本100名城の76番から84番までで、香川県(2城)徳島県(1城)高知県(1城)愛媛県(5城)の合計9城。

日本100名城に選出されているということは、優れた文化財・史跡であるということの証明でもあります。
日本100名城スタンプラリーで各城を回るのはもちろん、他の有名な観光スポットや多種多様なグルメと合わせてプランを立ててみたり、レンタカーの機動性があれば様々な楽しみ方ができるので、歴史等に興味がある方も無い方も1度訪れてみてはいかがでしょうか。

鷲羽山(岡山県倉敷市) その3

倉敷市の代表的な観光スポットのひとつである、国の名勝 下津井鷲羽山。
第3回目では第一展望台から山頂、東屋展望台方面へ向かいます。

その1⇒鷲羽山(岡山県倉敷市) その1

その2⇒鷲羽山(岡山県倉敷市) その2


レンタカーで様々な場所を訪れる場合に気になる駐車場。
かなりの広さがあるので、運転に自信のない方でも安心して利用できるのではないでしょうか。


さて、第一展望台から山頂へは大した距離がありませんが、いくつか階段を上る必要があります。


ここを登り切ると、いよいよ山頂です。

山頂まで上ると素晴らしい大パノラマ!
少々骨は折れますが、時間に余裕のある方はここまで登ってみる価値があるのではないでしょうか。


東屋展望台へ向かうためには山頂からさらに西側へ。
道中にはいくつかの古墳等も。

冒頭の写真もそうですが、東屋展望台まで来るとこんな感じの角度で巨大な瀬戸大橋を堪能できます。


遊歩道の終点は、風の道鷲羽山駅跡地。
風の道は下津井電鉄軌道跡地に整備された、歩行者/自転車専用道路です。


鷲羽山駅跡周辺には喫茶店や御食事処もありますので、こちらで食事やお茶にするのもよさそうです。

瀬戸内海の多島美や瀬戸大橋等、素晴らしい景色をパノラマで存分に堪能できる鷲羽山。
レストハウスのある第二展望台までならさほど時間も掛かりませんし、観光のプランに組み込んでみてはいかかでしょうか。

鷲羽山

倉敷市下津井田ノ浦

鷲羽山レストハウス

URL:http://washuzanresthouse.jp/

鷲羽山ビジターセンター

URL:http://wasyuzan-vc.jp/

日本100名城まとめ 四国地方編

四国地方4県の香川、徳島、高知、愛媛で、日本100名城に選出されているお城は全部で9つ。

全国でも12城しかない現存天守の3分の1にあたる4城が、ここ四国にあります。


地図で見ると南側は少なめですが、四国全域に比較的バランスよく配置されています。
四国山地の険しさからか、あまり内陸部に無いのも特徴的です。
高速道路の整備も進み、公共の交通機関だけでは辿り着きにくい場所もレンタカーなら随分楽に訪問できるようになっているのではないでしょうか。

以下、各県ごとのまとめ記事になります。

日本100名城76番から84番まで。
徳島県(1城)香川県(2城)愛媛県(5城)高知県(1城)の合計9城。

日本100名城に選出されているということは、優れた文化財・史跡であるということの証明でもあります。
レンタカーを利用した旅は自由度の高さが魅力の1つですし、四国には観光スポットや各地のグルメ等、日本100名城以外の楽しみも多いので、色々と組み合わせたプランで訪れてみてはどうでしょうか。