日本100名城まとめ 岡山編(岡山県)

岡山県で日本100名城に選出されているお城は全部で4つあります。


地図で見ると分かりやすいですが、津山城だけ少々離れています。

以下、過去に訪れた時の記事です。

日本100名城67番から70番まで。

機動性が高く自由なプランで予定を組めるレンタカーといえど、1日で4ヵ所すべて回るのはかなり無理がありそうです。
特に備中松山城は山道を徒歩で登って行かなければならないので、どうしても時間が掛かりますし、鬼ノ城は日本100名城スタンプラリーのスタンプを貰うだけならすぐですが、数多く残る遺構を見て回るとかなりの時間が掛かります。

急いで事故やトラブルに会うと、楽しいはずの旅行も台無しです。
余裕のあるプランでレンタカーの旅を楽しみましょう。

道の駅ファイルVol.59 みはら神明の里(広島県三原市)

三原市街から3Kmほど、国道2号線三原バイパスからすぐの場所にある道の駅が みはら神明の里です。


レンタカーで訪れる場合に気になる駐車場ですが、写真以外にも大型車専用スペースのような場所があります。
両方合わせるとかなりの広さですし、駐車可能台数は多そうですね。


駐車場の一角には電気自動車用の充電設備も。
ここの充電設備はEV・PHV両対応だそうです。

道の駅に到着して、まず気が付いたのは見晴らしのよさです。


高台にあるので三原市街も一望にできます。
景色がよく見える場所にベンチ等も設置されていますし、天気のいい日にはお弁当を買って、景色を楽しみながらランチなんてのもよさそうです。


建物に入ると大きなだるまさんが!三原はだるまでも有名なようです。


1階には観光や交通の情報コーナーをはじめ、パン屋さん。


道の駅ではお馴染みの農林水産物販売コーナー。
地域の新鮮な果物や鮮魚、おみやげ物まで沢山の物が販売されています。


お惣菜やお弁当が豊富にあったのも印象的でした。


そしてレストラン。
昼食に 見晴らし海鮮丼定食というのをいただきました。
瀬戸内らしい多数の白身魚が嬉しいです。ごちそうさまでした!


そして2階にはキッズスペースや展望テラスがあります。
展望テラスからなら瀬戸内の多島美をよりよく楽しめそうです。

道の駅 みはら神明の里。
国道2号線からすぐですし、レンタカーの運転休憩からトイレ利用に食事やショッピング、三原や尾道等の瀬戸内海沿いを旅する場合に利用してみてはいかがでしょうか。

道の駅 みはら神明の里

三原市糸崎4丁目21-1 ℡0848-63-8585
休館日:毎月第3火曜日

URL:http://www.shinmeinosato.jp/

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part9

倉敷市屈指の観光スポットである倉敷美観地区。
これまでもこのレンタカー de 旅にて数多く紹介してきましたが、近くへ行くことがあったのでちょっと散策してきました。

過去の記事は以下のリンクをクリックorタップ。

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part1

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part2 倉敷市大山名人記念館

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part3 星野仙一記念館

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part4 大原美術館

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part5 倉敷アイビースクエア

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part6 いがらしゆみこ美術館

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part7 鶴形山公園

倉敷美観地区(岡山県倉敷市)Part8 倉敷市立自然史博物館


今回利用した駐車場は倉敷市芸文館地下駐車場。
地下駐車場ではありますがスペースは広めですし、レンタカーの運転に不安がある方でも比較的利用しやすい駐車場だと思います。
事前精算機も用意されているので、利用すれば出るときに小銭を用意する手間を省けるのもいいですね。


倉敷美観地区といえば、やはりこの倉敷川に面した通りのイメージですが、何か寂しい。
と思ったら、今の時期は柳の葉っぱが無いんですね。
ちなみに


以前に撮った写真ですが、葉っぱの緑があると随分印象が違います。


今回、そういえばまだ行ったことのない施設もあるなと思い、まず向かったのがここ倉敷民藝館。
なんでも倉敷における古民家利用の最初の建物だそうで、館内には古今東西の民芸品が多数展示されています。


そしてこちらは倉敷考古館。
館内には岡山県一帯を中心とした遺跡から発見された遺物等が数多く展示されています。


外観だけの見学しかできませんが、こちらの旧大原家住宅は国指定重要文化財だそうです。

古い町並みですので路地も多いのですが、この路地の雰囲気も美観地区だなと改めて思ったりしました。


お時間のある方は主要の通りを外れて、色々と散策してみるのも楽しいと思います。


もちろん主要な通りには、おしゃれなカフェからお土産物屋さんまで様々なお店が多数ありますので、食事や休憩ショッピングとプランに合わせて楽しみたいですね。

以前の最後の記事から約2年ぶりの倉敷美観地区は、前と変わらずの良い雰囲気です。
初めての方はもちろんですが、2度目3度目の方はレンタカーの利便性を生かして他の観光スポットと合わせて訪れてみたりするのはどうでしょうか。

倉敷美観地区

岡山県倉敷市本町/中央1丁目周辺

金甲山(岡山県岡山市/玉野市)

金甲山は岡山市と玉野市の境界に位置する標高403mの山です。

瀬戸内海国立公園の一部であり、かつては観光スポットとしても賑わいをみせていたようですが、現在は山頂のレストハウスも閉鎖され、訪れる人も多くないようです。
しかし、素晴らしい眺望は今も昔も変わりがないはず!


山頂へ向かうルートは岡山市側、玉野市側どちらからでもアクセスできますし、平成レンタカーの車にはカーナビが標準装備されているので、迷うことはあまりないと思います。


道路自体はいわゆる山道なので、右や左にぐねぐねと連続したカーブも多く、景色が良い場所が多いので、わき見運転には特に注意したいところです。
駐車スペースも多いですし、ビュースポットも多数あるので、慌てず車を停めて楽しみたいですね。


山頂付近には大きなテレビ塔が集まっていて、その手前側に大きなスペースの駐車場があります。


駐車場にはトイレや東屋もあります。東屋からは岡山市街地がよくみえます。


駐車場からは徒歩で山頂へ。


山頂に到着すると、かつてはレストハウスであったであろう建物があります。
閉鎖はされていますが、屋上にあがることができるので、そこから360度パノラマな展望を楽しむことができます。

南側には多島美あふれる瀬戸内海。遠くには瀬戸大橋や四国が。

北側には岡山市街地をはじめ、岡山平野を一望にできます。
雄大な景色が素晴らしいですね!

観光スポットとしては往時の賑わいはありませんが、レンタカーで玉野方面に向かう方はちょっと寄って、その眺望を楽しんでみてはいかがでしょうか。

金甲山

岡山県岡山市南区/玉野市

ひるね姫 聖地巡礼(岡山県倉敷市)

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」は2017年3月18日上映予定のアニメ映画です。

「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズや「東のエデン」などを代表作にもつ神山健治さんが原作・脚本・監督。
音楽はゲームファンに馴染みの深い下村陽子さん。昨年末に発売されたファイナルファンタジーXVでも音楽を担当されていましたね。

声優陣には主人公役の森川ココネ役に、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でお馴染みの高畑充希さん。
その他にも江口洋介さんや釘宮理恵さんなど、豪華な布陣となっています。

なぜ平成レンタカーのブログで映画の紹介?と思われた方もいらっしゃると思いますが、主人公の森川ココネちゃんは岡山県倉敷市在住で、予告編を見る限りでは倉敷市児島/下津井エリアがモデルになっています。
そして、平成レンタカー本社/児島駅前店があるのも倉敷市児島!これは応援せずにはいられません。


平成レンタカー最寄りの、JR児島駅改札前も既にひるね姫一色といった感じ。
ちなみに小説の方で記載のあった児島警察署は、平成レンタカーからすぐの場所だったりもします。

ということで予告編から見てとれる場所に限りますが、映画公開直前ということでモデルになったと思われる場所をいくつか巡礼してきたので紹介したいと思います。


まずは印象的な瀬戸大橋をバックにした、いくつかのシーン。
こちらは田土浦坐神社(タツチノウラニマシマスジンジャ)前からの景色。


そしてこちらが四柱神社前からの景色。
あくまでアニメ映画ですから全く同じというわけではないですが、雰囲気は十分ではないでしょうか。


主人公が通学のために駆けていく場所。藤原酒店前付近です。


主人公の乗ったバスが走るシーンの場所はここ。

探せばまだいくつもありそうですが、本編ではどういった感じになるのか気になります。公開が待ち遠しいですね。


上記4か所はすべて下津井なのですが公共の交通機関はバスのみで、現状1時間に1本しかありません。
なので、あってよかった平成レンタカー!ということになるのですが、気になるのは駐車場ですよね。


ということで比較的利用しやすそうな駐車場もご紹介。
こちらは瀬戸大橋直下の田土浦公園の駐車場。公園から見上げる瀬戸大橋は迫力があって中々のものです。


広くはないですが、瀬戸大橋に近い場所にはパーキングスペースがあり、すぐ近くの穴場稲荷の所にも駐車場があります。
この2ヶ所は田土浦坐神社に近いですね。


瀬戸大橋の西側では少々分かりにくいですが、祇園神社付近の渡船屋さんが並んでいる裏側に岡山県の駐車場があります。
これら以外にも駐車可能な場所はあるのですが、比較的利用しやすそうなのはこの辺りでしょうか。


児島と下津井エリアでスタンプラリーも始まるようで、準備が着々と進んでいました。
この記事が出るころには始まっている、はず?


倉敷市児島/下津井エリアには、テレビアニメによる聖地巡礼最初期の例である鷲羽山(天地無用!)をはじめ、ジーンズストリートや、むかし下津井回船問屋等々観光スポットも多数あります。
映画の聖地巡礼と合わせて、レンタカーで色々と回ってみてはいかがでしょうか。

映画「ひるね姫」オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/