日本100名城まとめ 中国・四国地方編

中国地方5県(岡山・広島・山口・島根・鳥取)四国地方4県(香川・徳島・高知・愛媛)。
合計9県で日本100名城に選出されているお城は全部で22城にも上ります。
そのうち貴重な現存天守を持つお城が6城。全国で12しかないので丁度半分が中国四国地方にあるということになります。


中国・四国地方の全域にあるのが地図を見るとよくわかりますね。
訪問しやすい都市の中心部にあるものから、レンタカーの機動性が生きる山間部まで様々です。
お城目的ではない場合でも、近くにある場合が殆どだと思いますので、ちょっと寄ってみたりするのもいいのではないでしょうか。

以下、各県ごとのまとめ記事になります。

中国地方

四国地方

中国地方が、岡山県(4城)広島県(3城)山口県(2城)島根県(3城)鳥取県(1城)の合計13城。日本100名城の63番から75番まで。
四国地方が日本100名城の76番から84番までで、香川県(2城)徳島県(1城)高知県(1城)愛媛県(5城)の合計9城。

日本100名城に選出されているということは、優れた文化財・史跡であるということの証明でもあります。
日本100名城スタンプラリーで各城を回るのはもちろん、他の有名な観光スポットや多種多様なグルメと合わせてプランを立ててみたり、レンタカーの機動性があれば様々な楽しみ方ができるので、歴史等に興味がある方も無い方も1度訪れてみてはいかがでしょうか。

鷲羽山(岡山県倉敷市) その3

倉敷市の代表的な観光スポットのひとつである、国の名勝 下津井鷲羽山。
第3回目では第一展望台から山頂、東屋展望台方面へ向かいます。

その1⇒鷲羽山(岡山県倉敷市) その1

その2⇒鷲羽山(岡山県倉敷市) その2


レンタカーで様々な場所を訪れる場合に気になる駐車場。
かなりの広さがあるので、運転に自信のない方でも安心して利用できるのではないでしょうか。


さて、第一展望台から山頂へは大した距離がありませんが、いくつか階段を上る必要があります。


ここを登り切ると、いよいよ山頂です。

山頂まで上ると素晴らしい大パノラマ!
少々骨は折れますが、時間に余裕のある方はここまで登ってみる価値があるのではないでしょうか。


東屋展望台へ向かうためには山頂からさらに西側へ。
道中にはいくつかの古墳等も。

冒頭の写真もそうですが、東屋展望台まで来るとこんな感じの角度で巨大な瀬戸大橋を堪能できます。


遊歩道の終点は、風の道鷲羽山駅跡地。
風の道は下津井電鉄軌道跡地に整備された、歩行者/自転車専用道路です。


鷲羽山駅跡周辺には喫茶店や御食事処もありますので、こちらで食事やお茶にするのもよさそうです。

瀬戸内海の多島美や瀬戸大橋等、素晴らしい景色をパノラマで存分に堪能できる鷲羽山。
レストハウスのある第二展望台までならさほど時間も掛かりませんし、観光のプランに組み込んでみてはいかかでしょうか。

鷲羽山

倉敷市下津井田ノ浦

鷲羽山レストハウス

URL:http://washuzanresthouse.jp/

鷲羽山ビジターセンター

URL:http://wasyuzan-vc.jp/

日本100名城まとめ 四国地方編

四国地方4県の香川、徳島、高知、愛媛で、日本100名城に選出されているお城は全部で9つ。

全国でも12城しかない現存天守の3分の1にあたる4城が、ここ四国にあります。


地図で見ると南側は少なめですが、四国全域に比較的バランスよく配置されています。
四国山地の険しさからか、あまり内陸部に無いのも特徴的です。
高速道路の整備も進み、公共の交通機関だけでは辿り着きにくい場所もレンタカーなら随分楽に訪問できるようになっているのではないでしょうか。

以下、各県ごとのまとめ記事になります。

日本100名城76番から84番まで。
徳島県(1城)香川県(2城)愛媛県(5城)高知県(1城)の合計9城。

日本100名城に選出されているということは、優れた文化財・史跡であるということの証明でもあります。
レンタカーを利用した旅は自由度の高さが魅力の1つですし、四国には観光スポットや各地のグルメ等、日本100名城以外の楽しみも多いので、色々と組み合わせたプランで訪れてみてはどうでしょうか。

日本100名城まとめ 愛媛編(愛媛県)

愛媛県で日本100名城に選出されているお城は全部で5つ!
兵庫県、長野県と並んで全都道府県中第1位の保有数を誇ります。
さらにその5城のうち2城が貴重な現存天守ということで、お城好きな方には堪らない場所となっています。


東西南北に広い愛媛県ですが、地図で見ると日本100名城は西寄りの南北に広く配置されているのがわかりますね。

以下、過去に訪れた時の記事となります。

日本100名城79番から83番まで。
すべてを回るのは数の多さもさることながら、距離的にもそれなりにありますので1日で全部というのは中々難しいと思います。

今やタオルで有名な今治はしまなみ海道が近く、湯築城と松山城は道後温泉すぐの場所だったり、周辺には観光スポットが無数にあります。
鯛めし等の愛媛グルメも豊富にありますし、平成レンタカーの店舗も松山にありますので、お城だけではなく色々と組み合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本100名城まとめ 高知編(高知県)

高知県で日本100名城に選出されているのは高知城です。
1ヵ所のみですが、その天守閣は日本全国でも12しか残っていない貴重な現存天守であります。


東西にかなり長い高知県ですが、丁度その中央近く、高知市街の中心部に高知城があります。
赤いマークの所が高知城で、青いマークを付けているのは有名な桂浜です。
両者間の距離はさほどありませんし、機動性の高いレンタカーなら両方回るのも簡単ですね。

以下、過去に訪れた時の記事となります。

日本100名城84番高知城。
貴重な現存12天守のひとつであり、本丸御殿まで残っているのは高知城のみです。
歴史やお城に興味がある方のみならず、高知を訪れた際は1度訪問してみてはいかがでしょうか。

高知県には桂浜をはじめとした多くの観光スポットや、独自性の強いグルメ関連等々、合わせて回るのに良さそうな場所が沢山あります。
様々な場所を合わせて訪問したい場合はレンタカーが機動性の高さを発揮しそうですね。

鷲羽山(岡山県倉敷市) その2

倉敷市の代表的な観光スポットである鷲羽山。
その2では鷲羽山レストハウスのある第二展望台から、鷲羽山ビジターセンターのある第一展望台へと向かいます。

その1はコチラ⇒鷲羽山(岡山県倉敷市) その1


レンタカーで訪れる場合に気になる駐車場はかなりの広さ。
混雑状況にもよりますが、この位広いと安心して利用できますね。


第二展望台から第一展望台へ行くにはさらに登ることになるのですが、大きく2つにルートが分かれています。


アスファルト舗装のされたルートは階段もなく一定の勾配。


もう片方のルートは後半が勾配きつめで階段を上ることになります。

どちらのルートでも景色が素晴らしく、風景を楽しみながら第一展望台へと向かえます。


第一展望台である鷲羽山ビジターセンターに到着。


ビジターセンターには幾つかの展示や、休憩スペースもあります。


展望デッキからの眺めは当然のことながら素晴らしく、四国まで伸びる瀬戸大橋の姿をはじめ、多島美と言われる瀬戸内海の風景を存分に楽しむことができます。

第一展望台へは登りですし徒歩で向かう必要がありますが、第二展望台とはまた違う素晴らしい風景が広がります。
時間に余裕のある方は第一展望台まで登ってみてはいかがでしょうか。

鷲羽山訪問最終回は更に高い位置である山頂へ向かいます。

~鷲羽山 その3へ~

鷲羽山

倉敷市下津井田ノ浦

鷲羽山ビジターセンター

URL:http://wasyuzan-vc.jp/

日本100名城まとめ 徳島編(徳島県)

徳島県で日本100名城に選出されているお城は徳島城です。


地図で見ると徳島市街のど真ん中といった感じですね。
レンタカーの機動性を生かして他の場所の日本100名城と合わせて回る場合は香川県と兵庫県が現実的かなと思いますが、どちらも100km前後は走る必要があるので、1日で回るのはかなり駆け足になりそうです。
徳島県には鳴門の渦潮をはじめ観光スポットも多いですし、食べ物も山海様々なものが揃っているので、1日だけなら徳島だけでプランを組んでみるのもよいのではないでしょうか。

以下、過去に訪れた時の記事となります。

日本100名城76番 徳島城。
天守閣はありませんが公園内は広く、旧徳島城表御殿庭園や徳島城博物館など、見どころは多くあります。
前回訪れた際は、徳島城博物館のガイドさんが丁寧な解説をして下さってとても良い時間を過ごせたりもしました。
レンタカーなら周辺の観光スポットやお店などを合わせて回るのに最適です。徳島城と合わせて色々回ってみてはどうでしょうか。

鷲羽山(岡山県倉敷市) その1

鷲羽山は岡山県倉敷市、児島半島の最南端に位置する山で、国の名勝 下津井鷲羽山として倉敷市の代表的な観光スポットのひとつです。
鷲羽山という名前は諸説あるようですが、北東側から見ると鷲が羽を広げている様にみえることから来ているとか。


各種観光スポット等を訪れる時に気になる駐車場ですが、かなり大きなスペースがとられています。
レンタカーで訪れる場合は慣れない車種での運転になることが殆どでしょうし、運転に自信のない方もいらっしゃると思いますが、混雑時以外は安心して利用できるのではないでしょうか。

駐車場から見える景色が既に中々のものです。
見える範囲が限られているので大パノラマとはいきませんが、機動性の高いレンタカーなら時間の無い方でも駐車場にだけちょっと寄って、多島美をはじめとするその風景を楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。


とはいえ第二展望台までなら階段をいくつか上る必要はありますが、さほど離れていないので短時間で向かうことができます。

冒頭の写真もそうですが、第二展望台に到着すると一気に視界が開ける感じで、瀬戸内海の風景を存分に楽しむことができます。


そして第二展望台には鷲羽山レストハウスという施設があり、売店やレストランがあります。


丁度お昼時ということでレストランへ。

さすがは展望レストランという感じで、窓から見える瀬戸内海の多島美や四国まで伸びる瀬戸大橋の姿を楽しみながら食事ができます。


注文したのは鷲羽たこ飯定食。写真のもの以外に茶碗蒸しも付いています。
地域ならではのメニューが嬉しいですね。ごちそうさまでした!

さて、お腹を満たしてお次は第二展望台から第一展望台へ向かいます。

~鷲羽山 その2へ~

鷲羽山

倉敷市下津井田ノ浦

鷲羽山レストハウス

URL:http://washuzanresthouse.jp/

日本100名城まとめ 香川編(香川県)

香川県で日本100名城に選出されているお城は2つあり、そのうち1つは貴重な現存天守を持っています。


地図で見ると瀬戸大橋を挟んで東西に1か所づつ、どちらも海が近いですね。
このどちらのお城も近くに平成レンタカーの店舗がありますので、該当店舗でレンタカーを借りる場合は、旅のスタートやゴールに組み込むとよさそうです。

以下、過去に訪れた際の記事となります。

日本100名城77番と78番。
高松城は海水を引き入れたお堀に、無数のクロダイやマダイが泳いでいたのがとても印象に残っています。
丸亀城は全体の高さを合わせると約60mもある高石垣と、日本で12しかない貴重な現存天守で有名です。

両者の距離がさほど離れているわけではないので、1日で両方回ることは難しくありませんが、せっかくのうどん県ですから、レンタカーの機動性を生かして、うどん屋さん巡りと合わせて訪れたりするのも楽しそうです。

日本100名城まとめ 中国地方編

中国地方5県の岡山・広島・山口・島根・鳥取。
この5つの県で日本100名城に選出されているお城は合計13城あります。


地図で見ると中国地方の東西南北に満遍なくという感じですね。
公共の交通機関だけでは訪問しにくい場所もありますし、特に複数の場所を回りたい場合は機動性の高いレンタカー利用が便利なのではないでしょうか。

以下、各県ごとのまとめ記事です。

岡山県(4城)広島県(3城)山口県(2城)島根県(3城)鳥取県(1城)の計13城。日本100名城の63番から75番まで。

日本100名城スタンプラリーで各城を回るのはもちろんですが、他の観光スポットと合わせてプランを立ててみたり等、レンタカーの機動性があれば様々な楽しみ方ができると思います。
日本100名城に選出されているということは、優れた文化財・史跡であるということの証明でもあります。歴史等に興味がある方も無い方も1度訪れてみてはいかがでしょうか。